軽井沢ウエディング相談会 開催中!

軽井沢ウエディング全会場の説明や

見積もり・空き状況確認・見学手配・仮押さえ、等

お2人にピッタリの会場選びをお手伝い(全て無料)

詳細はこちら

軽井沢の魅力

軽井沢の魅力

軽井沢は、爽やかな気候と緑あふれる自然に恵まれており、人々を惹きつける魅力があります。
避暑地・軽井沢を愛した外国人の多くがこの地で結ばれ、今でも美しい風景と人々の交流がいきづいています。
教会では人々が祈りを捧げ、パーティやお茶会など毎夏催される社交の場では温かな交流が育まれてきました。
外国人たちにとって軽井沢は特別な存在となり、その美しい光景は日本人の心をも捉えました。
日本と欧米のウエディング文化は、軽井沢で出会い、深められてきたのです。

軽井沢の歴史

自然と気候に恵まれた避暑地

明治19年、軽井沢が「国際避暑地」として、日本の中でも特別な場所となりました。宣教師A.C.ショーがこの地を訪れ、明治21年軽井沢を避暑地として開発し、最初の教会である「ショー記念礼拝堂」を創設したのが始まりだと言われています。宣教師らはその美しい清澄な自然と気候に感嘆し、家族、友人たちに軽井沢の魅力を紹介していきました。西洋人たちは、好んで軽井沢で避暑を楽しむようになり、西洋人たちを中心とした別荘文化が開かれていきました。

軽井沢の歴史

日本人あこがれの地へ

外国人宣教師によって発見され、やがて上流階級の日本人も別荘を構えるようになった軽井沢も、明治、大正期には知名度も低く、 限られた人々のみが知る避暑地でした。しかし、この頃から芥川龍之介、与謝野晶子、北原白秋、島崎藤村等、多くの著名な文化人が毎夏のように避暑に訪れるようになり、日本人の別荘も建設され始め、避暑地軽井沢は、あこがれの地として人々に知られるようになりました。自然に恵まれた軽井沢高原の西欧的な風土は、現在も多くの文化人や芸術家に愛され続けています。

軽井沢の歴史

軽井沢の歴史

ウエディングの舞台へ

明治27年、軽井沢で最初のホテル「亀屋ホテル」がオープンし、軽井沢の迎賓文化の先陣を切りました。本格的な洋食を味わえ、ベッドで休めて、ホールやロビーを交流の場にできる完全な洋式ホテルの登場により、軽井沢へ避暑や社交に多くの方が訪れるようになりました。軽井沢でのホテルウエディングは、当時の上流社会の人々にとってあこがれであり、後に軽井沢はウエディングの舞台としても特別な場所になっていきました。

軽井沢の文化

四季を通じて楽しめるリゾートへ

軽井沢は地元の人々の尽力で「国際親善文化観光都市」として、新しい歩みが始まります。ウィンタースポーツができる気候風土を生かして、避暑地から四季を通じて楽しめるリゾートへ、観光客や滞在客を迎え入れる環境が整っていきました。自然を守り、美しい景観を大切にし、文化・教養を育んでいく姿勢を大前提として開発が進められたため、今も軽井沢のいたるところに輝く四季の彩りが広がり、先人たちが築き上げた伝統や文化が変わることなく美しく息づいています。

軽井沢の文化

お忙しいお2人が効率よく気に入った会場が見つかるよう軽井沢
ウエディングのプロが希望やイメージに合ったぴったりの式場選びの
見学手配・仮予約・見積もり他、各種手配を承ります。(無料)
パンフレット以外の資料も豊富!
「ハートウエディング」にご来店ください。
試食会情報

軽井沢ウエディングの相談・各種手配は
ハートウエディングへ

アクセスマップはこちら